公益財団法人 角屋保存会(島原角屋 公式サイト)

HOME
法人の概要
角屋もてなしの文化美術館
角屋饗宴もてなしの文化研究所
角屋保存の意義(角屋のQ&A)
島原の文化史(島原のQ&A)
島原の文芸碑紹介
交通案内
English

HOME>角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館


館長

 中川 清生


 角屋は、島原開設当初から連綿と建物・家督を維持しつづけ、江戸期の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952)に国の重要文化財に指定されました。
 揚屋とは、江戸時代の書物の中で、客を「饗すを業とする也」と定義されているところによると、現在の料理屋・料亭にあたるものと考えられます。饗宴のための施設ということから、大座敷に面した広庭に必ずお茶席を配するとともに、庫裏と同規模の台所を備えていることを重要な特徴としています。
 所蔵美術品では、昭和58年(1983)に蕪村筆「紅白梅図屏風」が重要文化財に指定されました。また、平成元年(1989)には財団法人角屋保存会が設立され、以来、角屋の重要文化財建造物と美術品等の保存と活用がおこなわれています。さらに平成10年度からは、「角屋もてなしの文化美術館」を開館して、角屋の建物自体と併せて所蔵美術品等の展示・公開を行うことになりました。


開館期間 

3月15日〜7月18日、9月15日〜12月15日

休館期間 

7月19日〜9月14日、12月16日〜3月14日

開館時間 

午前10時〜午後4時

休館日

月曜日(祝日の場合翌日)

入館料

一般1000円、中・高生800円、小学生500円(2階の特別公開料金を除く)


※2階の特別公開の座敷(青貝・扇の間他)につきましては、事前にお電話でお申し込み下さい。料金は入場料の他に別途必要です。大人800円、中・高生600円(小学生以下はお断り)


2階特別公開 ご案内時間(約30分)
  午前 10:15
  午後 13:15 14:15 15:15
ただし、定員 各回20名。
電話番号 075-351-0024 にて予約受付(午前10時〜午後5時)


平成30年 秋季企画展


異国趣味展


会期  9月15日(土)〜12月15日(土)

休館日 月曜日(祝日の場合翌日)


【開催趣旨】

本年9月15日から12月15日まで、秋季企画展として、「異国趣味展」を開催いたします。


赤地唐船文様繍袱紗 青花牡丹唐草文細水指 青花孔雀牡丹文大皿(芙蓉手)

角屋の2階には、書院造風、数寄屋造風に加えて、中国風の座敷があります。とりわけ壁や建具に螺鈿(らでん)を施した「青貝の間」には、中国風の明かり窓やギヤマンをはめ込んだ火灯窓が設けられており、さらに襖の引き手をダビデの星のような六角形とし、燭台も籐を巻付けた三脚式にするなど、異国情緒がただようしつらいとなっています。また庭に面した広めの縁側も、床板を四半敷として、ベランダやバルコニーのような造りの露台にしています。


このような異国趣味の強い座敷では、調度類も趣向がこらされています。たとえば、オランダ語「Ellect TRoisss(薔薇水)」の青花銘がある「青花牡丹唐草文細水指」や、口縁部にオランダ語「'TWELVAREN VAN D.ED HEERENRADE VAN NEERLANDSINDIA」がグラヴュールで記されたワイングラスと、デカンターが一組になった「グラヴュール阿蘭陀人に挿花文脚付ガラス杯・カットガラス栓付瓶」が具わっています。さらには、中国江蘇省宜興窯の「朱泥貼花獅子唐草文水注」(イギリスの有名陶磁器ブランド・ウェッジウッドを代表するジャスパー・ウェアの発想の原点とされている)も用いられたと思われます。これらは、当時、長崎の出島からもたらされたものでありましょう。


それではこれらの品は、どのようにして角屋が蔵することになったのでしょうか。


角屋の7代目当主徳野(俳名)の実弟周助(1757〜1812)は、観月斎道哲と称し、医学を修めるため文化5年(1808)まで8年間長崎に留学していました。角屋にある中国やオランダからの舶載品の数々は、道哲が長崎に留学した関係で持ち帰ったものや、その後に長崎の知人より譲り受けた伝蔵品と思われます。


そうすると角屋においては、鎖国下の当時であっても、中国やオランダの外来の品々でもてなしをしていたことがうかがえます。


本展は、平成15年以来15年ぶりの展示であります。この機会にぜひご高覧賜りますようご案内申し上げます。

青花牡丹鳳凰縦霞文透彫皿朱泥貼花獅子唐草文玉取獅子鈕水注
グラヴュール阿蘭陀人に挿花文脚付杯

出品目録

【絵画】

蘭画関羽像

作者不詳

1幅

(1・3期)

唐人物図

原在中

1幅

(2期)

 

【染織品】

簾楼閣山水人物図

 

1幅

 

赤地唐船文様繍袱紗

 

1枚

 
 

【螺鈿】

青貝峨眉山月図

 

1幅

 

朱漆雲龍文螺鈿衝立

 

1基

 
 

【燭台】

三脚形燭台(青貝の間用)

 

1基

 
 

【陶磁器】

青花双龍花卉文大皿(芙蓉手)

 

1口

 

青花孔雀牡丹文大皿(芙蓉手)

 

1口

 

青花鳳凰牡丹文大皿(芙蓉手)

 

1口

 

青花船蓬莱山文大皿(呉須手)

 

1口

 

青花鹿花卉文大皿(芙蓉手)

 

1口

 

青花石榴唐草羅漢文大皿

 

1口

 

青花蓮池水禽文大皿(芙蓉手)

 

1口

 

青花牡丹鳳凰縦霞文透彫皿

 

1口

 

青花梵字文皿

 

1口

 

青花雲龍唐草文皿

 

1口

 

青花山水楼閣文入隅蓋物

 

1合

 

青花山水風景文隅切長方八角鉢

 

1口

 

青花山水魚藻文皿

 

1口

 

青花牡丹唐草文細水指

 

1口

 

青花松竹梅詩文水指

 

1口

 

五彩蝶形向付(四足付 天啓赤絵)

 

1口

 

青花山水風景文半開扇向付(古染付風)

 

1口

 

朱泥貼花獅子唐草文玉取獅子鈕水注

 

1口

 

瑠璃地金彩紅毛人六角猪口(向付)

 

1口

 
 

【びいどろ・ぎやまん】

グラヴュール阿蘭陀人に挿花文脚付杯・
 カットガラス栓付瓶

 

1組

 

グラヴュール花卉文ガラス蓋物

 

1合

 

グラヴュール花卉文脚付ガラス杯

 

1点

 

グラヴュール花卉文脚付ガラス杯

 

1点

 

カットガラス脚付杯

 

1点

 

ガラス皿

 

1枚

 

型吹き葡萄文ガラス蓋物

 

1合

 

型吹き菊水文ガラス蓋物

 

1合

 

型吹き菱形ガラス鉢

 

1口

 

型吹き菊形ガラス深皿

11枚のうち1枚

 

型吹き竹文蓋付ガラス碗

8合のうち1合

 

型吹き蝶文ガラス碗

10口のうち1口

 

◎期間中一部展示替えを行います。

  • 第1期  9月15日〜10月14日
  • 第2期 10月16日〜11月18日
  • 第3期 11月20日〜12月15日

平成31年春季企画展「膳碗の調度展」

会期 3月15日(土)〜7月18日(木)


Copyright (C) 公益財団法人 角屋保存会 All rights reserved. TOP