公益財団法人 角屋保存会(島原角屋 公式サイト)

HOME
法人の概要
角屋もてなしの文化美術館
角屋饗宴もてなしの文化研究所
角屋保存の意義(角屋のQ&A)
島原の文化史(島原のQ&A)
島原の文芸碑紹介
交通案内
English

HOME>角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館


館長

 中川 清生


 角屋は、島原開設当初から連綿と建物・家督を維持しつづけ、江戸期の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952)に国の重要文化財に指定されました。
 揚屋とは、江戸時代の書物の中で、客を「饗すを業とする也」と定義されているところによると、現在の料理屋・料亭にあたるものと考えられます。饗宴のための施設ということから、大座敷に面した広庭に必ずお茶席を配するとともに、庫裏と同規模の台所を備えていることを重要な特徴としています。
 所蔵美術品では、昭和58年(1983)に蕪村筆「紅白梅図屏風」が重要文化財に指定されました。また、平成元年(1989)には財団法人角屋保存会が設立され、以来、角屋の重要文化財建造物と美術品等の保存と活用がおこなわれています。さらに平成10年度からは、「角屋もてなしの文化美術館」を開館して、角屋の建物自体と併せて所蔵美術品等の展示・公開を行うことになりました。


開館期間 

3月15日〜7月18日、9月15日〜12月15日

休館期間 

7月19日〜9月14日、12月16日〜3月14日

開館時間 

午前10時〜午後3時40分まで(当面の間)

休館日

月曜日(月曜祝日の場合は翌日休館)

入館料

一般1000円、中高生800円、小学生500円

2階座敷は1日4回の案内(10時15分、13時15分、14時15分、15時15分)。別途料金800円、中高生600円、小学生以下のご見学はお断りします。


  • ※当面の間、公開に際し人数制限を行います。
    2階座敷は5名様以内に変更。1階座敷のご見学も、下記の時刻に15名様以内で係が案内する方式に変更致します。
    @10時30分、A11時30分、B12時40分、C13時30分、D14時30分、E15時30分


当館は3月15日(火)から開館する予定でしたが、まん延防止等重点措置が3月21日(月・祝)まで延長されましたので、この間、感染予防のため臨時休館といたします。 まん延防止等重点措置が解除された場合は、開館は3月23日(水)からといたします(22日(火)は振替休館日)。


皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご理解とご協力を賜りますよう宜しくお願い申し上げます。


令和4年3月10日
角屋もてなしの文化美術館



令和4年企画展


「角屋蔵 吉祥の調度展」開催のご案内


前期:3月15日(火)〜7月18日(月・祝)

後期:9月15日(木)〜12月15日(木) 

休館日 月曜日(月曜祝日の場合は翌日休館)


【開催趣旨】

令和4年は、3月15日から7月18日まで、春季企画展として「角屋蔵 吉祥の調度展(前期)」、また、9月15日から12月15日まで、秋季企画展として「角屋蔵 吉祥の調度展(後期)」を開催いたします。


《福寿文字》

百福百寿屏風福寿字宝尽柄

《鳳凰》

鳳凰蒔絵膳椀揃桐鳳凰蒔絵高坏

《富士》

三保松原蒔絵硯蓋富士三保松原蒔絵三重朱漆塗盃

《亀》

褐釉亀形銚子

角屋をはじめとする島原の揚屋は、江戸中期以降大型宴会場へと発展していきます。その様子は天明4年(1784)版『一目千軒』(島原案内書)に各揚屋の俯瞰図として掲載されました。


そもそも揚屋の大型化は大坂の新町の方が早く、新町の案内書『澪標(みおつくし)』宝暦7年版(1757)に、すでに各揚屋の大型化した様子が紹介されました。一方江戸の吉原は、宝暦10年(1760)に、最後の揚屋「尾張屋」が退転し、上方とは異なり揚屋が廃絶いたします。その結果、揚屋は京・大坂のみの文化になったといっても過言ではありません。


揚屋は大型化していったのですが、角屋の場合、単に建物の規模を拡張しただけでなく、さまざまな趣向をこらしました。座敷に松、梅、扇等の名を用いたりしています。また、表棟や台所棟の軒瓦を亀甲紋の装飾を施したりしています。また、台所棟瓦中央には、米俵に鎮座した大黒天、棟瓦の側面には青海波文様に龍を配するなど、処々に吉祥の意匠を用いています。


そのほか角屋には、京に在った各藩邸留守居役の着任・離任時に、祝いの振舞(もてなし)の様子を記した献立帖がのこされています。


例えば、嘉永5年(1852)正月27日には、「筑前様御屋敷御振舞」があり、本膳に吉祥の「鳳凰高蒔絵掛盤」が用いられました。この時の床飾りについては記載漏れがありますが、献立帖では料理内容のみならず床飾りまでも記されています。


天保15年(1844)10月27日の阿州様の御振舞では、応挙の「寿老図」、嘉永3年(1850)3月5日の小田原様では、蕪村の「桃源図」、同4年正月21日筑前様では、有栖川宮織仁親王の和歌「臥龍松」、同5年4月3日の薩州様では、岸駒の「百老図」、同6年6月29日の会津様では、蕪村の「顔筆仙図」が披露されました。このように、応挙、蕪村、岸駒等有名画家のめでたい絵や有栖川宮御詠の和歌の掛幅が掲げられました。


今回の展示においては、角屋に数多くのこる絵画、書蹟、染織、漆器、陶磁器などから、吉祥の文様の品々を陳列してまいります。


岸駒筆「松竹梅図」屏風6曲1双、「百福百寿」屏風2曲1隻、太夫衣装「萌葱地龍文様繻珍打掛」1領、「鶴蒔絵三重盃及び波亀蒔絵盃台」3口・1基、「褐秞亀形銚子」1口など、往時の「御振舞」の様子が伝わるような展示といたしました。


本展の吉祥の企画展は、平成14年以来の20年ぶりの展示であり、この機会にぜひともご高覧賜りますようご案内申し上げます。

《松竹梅》

松竹梅蒔絵重箱青花松竹梅詩文水指

「角屋蔵 吉祥の調度展」 出品目録

《富士山》

1 雪中富士図

岸駒筆

1幅(1期)

2 冨嶽図

松村景文筆

1幅(2期)

3 富士山図

井上士朗筆

1幅(3期)

4 三保松原蒔絵硯蓋

 

1対

5 富士三保松原蒔絵三重朱漆塗盃

 

3口

 

《松竹梅》

6 松竹梅図屏風 

岸駒筆

6曲1双(2期)

7 松竹梅蒔絵重箱

 

1合

8 松竹梅蒔絵八寸台

 

1基

9 青花松竹梅詩文水指

 

1合

10 一行書「松呈千歳翠」

南谷筆

1幅(1期)

11 松鶴蒔絵重箱

 

1合

12 梅鶴蒔絵小提重

 

1合

 

《瑞雲》

13 瑞雲宝尽蒔絵膳

 

1基

14 鶴瑞雲四ツ割蔦紋蒔絵組重

 

1合

15 雲鶴蒔絵八寸台

 

1対

 

《蓬莱文》

16 蓬莱蒔絵三重盃及び盃台

 

3口1基

17 蓬莱鏡

 

1面

18 蓬莱柄鏡

 

1面

 

《鶴亀》

19 鶴蒔絵三重盃及び波亀蒔絵盃台

 

3口1基

20 双鶴蒔絵吸物椀

 

2合

21 日の出鶴蒔絵雑煮椀

 

2合

22 褐釉亀形銚子

 

1口

23 亀図

岸駒筆 皆川淇園賛

双幅(3期)

 

《龍》

24 龍虎図

岸駒筆

6曲1双(1期)

25 萌葱地龍文様繻珍打掛

 

1領

26 染付琉璃地白抜龍白鳥文三重六角鉢

 

3口

 

《鳳凰》

27 鳳凰蒔絵膳椀揃

 

1具

28 桐鳳凰蒔絵膳

 

1対

29 桐鳳凰蒔絵高坏

 

1基

 

《福神》

30 寿老図

岸駒筆 皆川淇園賛

双幅(2期)

31 恵比寿図

松村景文筆

1幅(2期)

32 大黒図

岸駒筆

1幅(2期)

33 寿老図

池大雅筆

1幅(3期)

 

《福寿文字》

34 百福百寿屏風

 

2曲1隻

35 福寿文字蒔絵膳

 

1基

36 福寿文字蒔絵盃台

 

1基

37 染付福寿丸文湯呑

 

1口

38 福寿字宝尽柄鏡

 

1面

39 青花「天中福」白丸紋煎茶碗

 

2口

40 青花林和靖唐子「寿」字小皿

 

2口

41 「寿」

薩摩剛毅筆

1幅(3期)

42 一行書「寿山高」「福海濶」

大観筆

双幅(3期)

 

《扇》

43 扇散蒔絵膳・湯桶・飯器・杓子

 

1具

44 草花蒔絵扇形膳

 

1枚

45 青花山水風景文半開扇向付

 

2口

46 銹絵梅文扇形皿

 

2口

 

《花丸紋》

47 花丸紋七宝蒔絵盃台

 

1基

 

《御振舞の掛幅》

48 寿老図

伝円山応挙筆

1幅(1期)

49 桃源図

与謝蕪村筆

1幅(1期)

50 和歌懐紙「臥龍松」

有栖川宮織仁親王筆

1幅

51 百老図

岸駒筆

1幅(2期)

52 顔筆仙図

与謝蕪村筆

1幅(3期)

 

総出品数 52点

◆主な展示替え予定

1期 3月15日(火)〜 5月8日(日)

2期 5月10日(火)〜 6月19日(日)

3期 6月21日(火)〜 7月18日(月・祝)


Copyright (C) 公益財団法人 角屋保存会 All rights reserved. TOP