公益財団法人 角屋保存会(島原角屋 公式サイト)

HOME
法人の概要
角屋もてなしの文化美術館
角屋饗宴もてなしの文化研究所
角屋保存の意義(角屋のQ&A)
島原の文化史(島原のQ&A)
島原の文芸碑紹介
交通案内
English

HOME>角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館


館長

 中川 清生


 角屋は、島原開設当初から連綿と建物・家督を維持しつづけ、江戸期の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952)に国の重要文化財に指定されました。
 揚屋とは、江戸時代の書物の中で、客を「饗すを業とする也」と定義されているところによると、現在の料理屋・料亭にあたるものと考えられます。饗宴のための施設ということから、大座敷に面した広庭に必ずお茶席を配するとともに、庫裏と同規模の台所を備えていることを重要な特徴としています。
 所蔵美術品では、昭和58年(1983)に蕪村筆「紅白梅図屏風」が重要文化財に指定されました。また、平成元年(1989)には財団法人角屋保存会が設立され、以来、角屋の重要文化財建造物と美術品等の保存と活用がおこなわれています。さらに平成10年度からは、「角屋もてなしの文化美術館」を開館して、角屋の建物自体と併せて所蔵美術品等の展示・公開を行うことになりました。


開館期間 

3月15日〜7月18日、9月15日〜12月15日

休館期間 

7月19日〜9月14日、12月16日〜3月14日

開館時間 

午前10時〜午後4時

休館日

月曜日(祝日の場合翌日)

入館料

一般1000円、中・高生800円、小学生500円(2階の特別公開料金を除く)


※2階の特別公開の座敷(青貝・扇の間他)につきましては、事前にお電話でお申し込み下さい。料金は入場料の他に別途必要です。大人800円、中・高生600円(小学生以下はお断り)


2階特別公開 ご案内時間(約30分)
  午前 10:15
  午後 13:15 14:15 15:15
ただし、定員 各回20名。
電話番号 075-351-0024 にて予約受付(午前10時〜午後5時)


平成29年 秋季企画展


「島原舞太夫の系譜展」

9月15日(金)〜12月15日(金)


会期中の休館日 月曜日(祝日の場合翌日)


【開催趣旨】


平成29年9月15日から12月15日まで、秋季企画展として、「島原舞太夫の系譜展」を開催いたします。


弾琴太夫図 八千代太夫像 水鴎筆庭を見る太夫図

島原太夫に関する展示は、過去に三度、平成15年と同18年、同23年に開催いたしました。以来しばらく太夫に関する陳列が行われませんでしたが、今般は、太夫に因んだ絵画、書蹟、染織、漆工品などの作品類をもとに、約四百年にわたって、島原太夫が「島原舞太夫」であった系譜を概観しようとするものであります。


そもそも角屋は、「揚屋」でありますから、太夫の衣装等の資料は伝来しておりません。角屋十三世中川徳右衛門が、太夫の時代考証のために絵画や書蹟とともに、収集しておりました。


島原太夫の「太夫」とは、400年程前に出雲の阿国が四条河原で歌舞伎を始めたのを、島原の前身「六条三筋町」の傾城(公認の遊宴の席に連なる女性)が四条河原で女歌舞伎を演じたもので、なかでも能や舞に優れた傾城を「能太夫」「舞太夫」と呼んだことに由来いたします。


六条三筋町や島原の太夫は、歌舞音曲はもちろんのこと、茶の湯、生け花、和歌などを教養として身につけていました。とりわけ世に知られるのは、江戸初期の吉野太夫と八千代太夫であります。吉野太夫は六条三筋町の名妓で、豪商灰屋紹益に嫁いでいます。また、島原に移転して以後随一の名妓は八千代太夫であります。八千代太夫は在職中、古今無双の名声を得ましたが、万治元年(1658)24歳で引退し、後陽成天皇第八皇子良純親王に嫁したとされています。その八千代太夫の書は流麗な散らし書きで、「八千代流」と賞美されました。また、音曲でも「八千代の楊枝弾き(三味線を撥の代わりに楊枝で弾くこと)」と称された三味線、胡弓、小唄を極め、太夫の理想と仰がれたのであります。


さらに江戸中期には、『近世畸人伝』に歌詠み手書きの「大橋様(よう)」と称された大橋太夫や、幕末には、蓮月尼に師事し、『宮古現存和歌者流梅桜三十六家選』に登載された桜木太夫などが輩出しています。


本展は、「島原舞太夫」の書画や文芸資料のほかに、女優なき時代に、女優に代わる存在ともいうべき太夫の髪形、打掛をはじめ、当時最先端のよそおいの変遷もご鑑賞いただけるものとなっております。


この機会にぜひともご観覧賜りますようご案内申し上げます。

円山応挙筆太夫図
三畠乗龍筆太夫図
岸竹堂筆太夫図

出品目録

【絵画】

三味線を弾く太夫図

 

1幅

(2期)

太夫弾琴図

 

1幅

(1・3期)

八千代太夫図

 

1幅

(3期)

小藤太夫図

 

1幅

(2期)

唐土太夫図

 

1幅

(1期)

庭を見る太夫図

伝水鴎筆

1幅

(1・3期)

太夫・禿図

伝月岡雪鼎筆

1幅

(2期)

太夫図

円山応挙筆

1幅

(2期)

太夫図

山口素絢筆

1幅

(1期)

太夫後姿図

長澤芦雪筆

1幅

(3期)

文を読む太夫図

祗園井特筆

1幅

(3期)

太夫図(加茂季鷹画賛)

三畠乗龍筆

1幅

(2期)

歌詠み太夫図

安藤広重筆

1幅

(1期)

太夫図

三畠乗龍筆

1幅

(2期)

太夫図

岸竹堂筆

1幅

(1・3期)

島原三美人図短冊

 

3葉

(1〜3期)

 

【書蹟】

八千代・薫・小藤和歌巻

八千代太夫筆

1巻

(1〜3期)

名妓寄合書(よし野他十七名)

吉野太夫筆

1巻

(1〜3期)

名妓寄合書(かつら他十九名)

かつら太夫筆

1巻

(1〜3期)

和歌懐紙

大橋太夫筆

1幅

(1〜3期)

漢詩扇面

大橋太夫筆

1幅

(1〜3期)

ひなぢ散らし書

ひなぢ太夫筆

1幅

(1〜3期)

宝暦十年太夫和歌帖『柳のしづく』

 

1冊

(1〜3期)

不夜庵歳旦帖(太夫発句部分)

 

1冊

(1〜3期)

天明年間太夫寄合帖

 

1冊

(1〜3期)

宮古現存和歌者流梅櫻三十六家選

 

1葉

(1〜3期)

和歌懐紙

蓮月尼筆

1幅

(1〜3期)

和歌短冊

桜木太夫筆

1葉

(1〜3期)

和歌短冊

桜木尼筆

1葉

(1〜3期)

敷島書

高畠式部筆

1幅

(1〜3期)

 

【染織品】

萌葱地龍文様繻珍打掛

 

1領

(1期)

紺地柿樹に猿文様繍打掛

 

1領

(2期)

焦茶地龍文様繻珍打掛

 

1領

(3期)

紫地花見踊り文様繍打掛 

 

1領

(1期)

紫地孔雀と長春花文様繍打掛

 

1領

(2期)

紫地諌鼓文様繍打掛

 

1領

(3期)

 

【漆工品】

団扇蒔絵硯箱

 

1合

(1〜3期)

波に鶴蒔絵料紙箱

 

1合

(1〜3期)

松竹梅蒔絵大朱漆塗盃 

 

1口

(1〜3期)

松橘蒔絵鏡台

 

1基

(1〜3期)

紋散蒔絵歯黒箱

 

1合

(1〜3期)

流水紅葉蝶蒔絵香枕

 

1合

(1〜3期)

梅蒔絵三味線

 

1棹

(1・3期)

萩蒔絵三味線

 

1棹

(2期)

三味線箱(箱裏に牡丹図 円山応挙筆)

 

1合

(1〜3期)

扇散蒔絵鼓胴

 

1口

(1〜3期)

松竹鶴亀蒔絵双六盤

 

1面

(1〜3期)

 

【金工品】

兜梅飾ビラビラ簪

 

1対

(1〜3期)

巾着宝尽飾ビラビラ簪

 

1対

(1〜3期)

鳥巣実飾ビラビラ簪

 

1対

(1〜3期)

 

【その他】

太夫髪形見本 

 

3頭

(1〜3期)

太夫の下駄

 

1足

(1〜3期)

◆総出品数 54件56点

◆期間 平成29年9月15日(金)〜12月15日(金)


平成30年春季企画展

「角屋保存会蔵 岸駒と岸派展」

会期 平成30年3月15日(木)〜7月18日(水)


Copyright (C) 公益財団法人 角屋保存会 All rights reserved. TOP