公益財団法人 角屋保存会(島原角屋 公式サイト)

HOME
法人の概要
角屋もてなしの文化美術館
角屋饗宴もてなしの文化研究所
角屋保存の意義(角屋のQ&A)
島原の文化史(島原のQ&A)
島原の文芸碑紹介
交通案内
English

HOME>角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館


館長

 中川 清生


 角屋は、島原開設当初から連綿と建物・家督を維持しつづけ、江戸期の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952)に国の重要文化財に指定されました。
 揚屋とは、江戸時代の書物の中で、客を「饗すを業とする也」と定義されているところによると、現在の料理屋・料亭にあたるものと考えられます。饗宴のための施設ということから、大座敷に面した広庭に必ずお茶席を配するとともに、庫裏と同規模の台所を備えていることを重要な特徴としています。
 所蔵美術品では、昭和58年(1983)に蕪村筆「紅白梅図屏風」が重要文化財に指定されました。また、平成元年(1989)には財団法人角屋保存会が設立され、以来、角屋の重要文化財建造物と美術品等の保存と活用がおこなわれています。さらに平成10年度からは、「角屋もてなしの文化美術館」を開館して、角屋の建物自体と併せて所蔵美術品等の展示・公開を行うことになりました。


開館期間 

3月15日〜7月18日、9月15日〜12月15日

休館期間 

7月19日〜9月14日、12月16日〜3月14日

開館時間 

午前10時〜午後3時40分まで(当面の間)

休館日

月曜日(月曜祝日の場合は翌日休館)

入館料

一般1000円、中高生800円、小学生500円

2階座敷は1日4回の案内(10時15分、13時15分、14時15分、15時15分)。別途料金800円、中高生600円、小学生以下のご見学はお断りします。


  • ※当面の間、公開に際し人数制限を行います。
    2階座敷は5名様以内に変更。1階座敷のご見学も、下記の時刻に15名様以内で係が案内する方式に変更致します。
    @10時30分、A11時30分、B12時40分、C13時30分、D14時30分、E15時30分

 


緊急事態宣言発令に伴う臨時休館のお知らせ


新型コロナウイルス変異株の感染拡大により、京都府も緊急事態宣言が発令されたことから、4月25日(日)から5月11日(火)まで、臨時休館を行い、感染防止に努めます。


皆様にはご迷惑をおかけいたしますが、ご理解とご協力を賜りますよう何卒よろしくお願い申し上げます。


令和3年4月24日
角屋もてなしの文化美術館



令和3年春季企画展


「角屋の螺鈿(らでん)展」開催のご案内


会期 3月15日(月)〜7月18日(日)

休館日 月曜日(月曜祝日の場合は翌日休館)
※3月15日は月曜日の休館日ですが、企画展初日にあたり開館いたします。


【開催趣旨】

本年春の企画展として、3月15日(月)から7月18日(日)まで、「角屋の螺鈿展」を開催いたします。


牡丹螺鈿机桐鳳凰螺鈿大平梅蒔絵螺鈿折敷月下唐人物螺鈿四方盆「峨眉山月ノ図」螺鈿掛軸牡丹唐草螺鈿料紙箱朱漆雲龍文螺鈿衝立

「螺鈿」とは、夜光貝や(あわび)貝等の光を放つ貝を薄く切り抜いて、漆器などに()め込み飾り付ける技法であります。


角屋の二階に、「青貝の間」と称する座敷があります。室内は、壁や建具を螺鈿尽しにしつらえて、異国情緒を醸しだしています。とりわけ目を(みは)るのは螺鈿を施された壁で、この技法は角屋以外には見らないようです。


「青貝の間」の螺鈿の壁は、現在黒壁のようになっていますが、これは燭台の蝋燭の油煙で黒ずんだためで、当初は「九条土壁」の浅葱(あさぎ)色(ブルーグレイ)でありました。浅葱色のままであれば、螺鈿の花菱亀甲文や七宝繋文(しっぽうつなぎもん)が、今ほど浮き立たなかったと思われます。そして壁の表面には、作者の名前が螺鈿によって、「泥水匠亀松創造之(でいすいしょうかめまつこれをそうぞうす)」といかにも誇らしげに嵌め込まれております。「泥水匠」とは、中国で左官職を意味します。また庭に面した露台(ベランダ)や火燈窓のギヤマンも、中国風のしつらいになっています。


さらに、「青貝の間」用に、李白の七言絶句「峨眉山月歌」を画題とした、螺鈿の掛幅「青貝峨眉山月ノ図」が遺っております。その題箋には、「本朝無類 青貝峨眉山月之図画賛」と記されております。巻いて収納する掛幅に螺鈿が施されていると、使用する度に螺鈿が剥落します。それを敢えて行う技法は、まさしく「本朝無類」と言えます。


その他角屋には、「月下唐人物螺鈿四方盆」「杜若螺鈿蒔絵丸膳」「朝顔螺鈿蒔絵吸物膳椀」の食器類、「牡丹唐草螺鈿料紙箱」「鶴蒔絵螺鈿料紙箱」の文房具、「瓢蒔絵螺鈿手焙」「紅葉賀蒔絵螺鈿火鉢」の暖房具など、螺鈿装飾による調度類が伝来しております。


また、一階の「松の間」には、大座敷用の「朱漆雲龍文螺鈿衝立(ついたて)」が伝わります。この衝立は、400年前の琉球螺鈿であることが判明しております。当初の衝立の絵は桃山時代の狩野光信筆「帝鑑図」でありましたが、文政4年(1821)に表を岸駒(がんく)筆「鷲図」、裏を岸良(がんりょう)筆「布袋図」に入れ替えられました。衝立の枠と台座については当初のままで、朱漆の琉球螺鈿による祝い文の雲龍文や花菱亀甲文の装飾が見られ、饗宴の場にふさわしい趣向となっております。


以上のように、角屋に遺る螺鈿のしつらいや調度類によって、揚屋のおもてなしの雅趣をうかがうことができます。


本展は、15年ぶりの展示であり、この機会にぜひご高覧賜りますようご案内申し上げます。

紅葉賀蒔絵螺鈿火鉢

「角屋の螺鈿展」 出品目録

【掛幅】

1 「峨眉山月ノ図」螺鈿掛軸 

江戸中期

1幅

 

【食器】

2 朱漆塗孔雀螺鈿膳椀揃 

江戸中期

1組

3 朝顔螺鈿蒔絵吸物膳椀

江戸後期

1組

4 杜若螺鈿蒔絵丸膳

江戸中期

2枚

5 蔦蒔絵螺鈿八寸台

明治時代

1対

6 束熨斗蒔絵螺鈿重箱台

江戸後期

1基

7 草花螺鈿吸物椀(絵替り)

明治時代

2合

8 要文様調蒔絵螺鈿盃台

江戸後期

1基

9 桐鳳凰螺鈿大平

江戸後期

1合

10 竹林七賢螺鈿大平

江戸後期

1合

11 唐物螺鈿食籠 

中国明時代

1合

12 梅蒔絵螺鈿折敷 

江戸後期

1口

13 月下唐人物螺鈿四方盆 

中国明時代

1口

14 花丸紋螺鈿硯蓋

江戸後期

3口

 

【文房具】

15 鶴蒔絵螺鈿料紙箱

江戸前期

1合

16 牡丹唐草螺鈿料紙箱

江戸中期

1合

17 牡丹唐草螺鈿硯箱 

江戸中期

1合

 

【煙草道具】

18 螺鈿煙草盆

江戸中期

1対

19 海松貝蒔絵螺鈿煙草盆

江戸後期

1対

 

【香道具】

20 桜卍螺鈿蒔絵香合

江戸後期

1合

21 雲鶴螺鈿宝珠形香合

江戸後期

1合

22 蛇ノ目鈿香合

明治時代

1合

 

【火鉢・手焙】

23 瓢蒔絵螺鈿手焙

江戸中期

1基

24 紅葉賀蒔絵螺鈿火鉢

江戸後期

1基

 

【卓】

25 朱漆塗螺鈿八足卓

江戸中期

1基

26 山水人物螺鈿卓

江戸中期

1基

27 梅唐草螺鈿卓

江戸後期

1基

 

【机】

28 牡丹螺鈿机

江戸後期

1基

 

【屏風・衝立】

29 朱漆雲龍文螺鈿衝立

桃山時代

1基

30 宝尽螺鈿蒔絵風炉先屏風

江戸中期

1基

 

【額】

32 螺鈿額「道純」

江戸前期

1面

33 螺鈿額「解語」

江戸中期

1面

34 螺鈿額「冨貴有余楽」

江戸後期

1面

 

【その他】

35 螺鈿蒔絵磁石

江戸後期

1基

36 桜蒔絵螺鈿提箪笥 

江戸後期

1基

 

総出品数 36点


Copyright (C) 公益財団法人 角屋保存会 All rights reserved. TOP