公益財団法人 角屋保存会(島原角屋 公式サイト)

HOME
法人の概要
角屋もてなしの文化美術館
角屋饗宴もてなしの文化研究所
角屋保存の意義(角屋のQ&A)
島原の文化史(島原のQ&A)
島原の文芸碑紹介
交通案内
English

HOME>角屋もてなしの文化美術館

角屋もてなしの文化美術館


館長

 中川 清生


 角屋は、島原開設当初から連綿と建物・家督を維持しつづけ、江戸期の饗宴・もてなしの文化の場である揚屋建築の唯一の遺構として、昭和27年(1952)に国の重要文化財に指定されました。
 揚屋とは、江戸時代の書物の中で、客を「饗すを業とする也」と定義されているところによると、現在の料理屋・料亭にあたるものと考えられます。饗宴のための施設ということから、大座敷に面した広庭に必ずお茶席を配するとともに、庫裏と同規模の台所を備えていることを重要な特徴としています。
 所蔵美術品では、昭和58年(1983)に蕪村筆「紅白梅図屏風」が重要文化財に指定されました。また、平成元年(1989)には財団法人角屋保存会が設立され、以来、角屋の重要文化財建造物と美術品等の保存と活用がおこなわれています。さらに平成10年度からは、「角屋もてなしの文化美術館」を開館して、角屋の建物自体と併せて所蔵美術品等の展示・公開を行うことになりました。


開館期間 

3月15日〜7月18日、9月15日〜12月15日

休館期間 

7月19日〜9月14日、12月16日〜3月14日

開館時間 

午前10時〜午後4時

休館日

月曜日(祝日の場合翌日)

入館料

一般1000円、中・高生800円、小学生500円(2階の特別公開料金を除く)


※2階の特別公開の座敷(青貝・扇の間他)につきましては、事前にお電話でお申し込み下さい。料金は入場料の他に別途必要です。大人800円、中・高生600円(小学生以下はお断り)


2階特別公開 ご案内時間(約30分)
  午前 10:15
  午後 13:15 14:15 15:15
ただし、定員 各回20名。
電話番号 075-351-0024 にて予約受付(午前10時〜午後5時)


2019年度春季企画展


角屋蔵 季節の膳椀展


会期 3月15日(金)〜7月18日(木)

休館日 月曜日(祝日の場合翌日。但し4月30日は開館)


【開催趣旨】

本年3月15日から7月18日まで、春季企画展として、「角屋蔵 季節の膳椀展」を開催いたします。


瑞雲宝尽蒔絵膳 朝日波蒔絵膳柳蒔絵膳椀揃杜若螺鈿蒔絵丸膳波千鳥蒔絵吸物膳椀

角屋には、「柳蒔絵膳椀揃」40客が伝わっております。その箱書きに、「柳模様本膳 四十人前之内 明和弐乙酉(1765年)五月」と記されています。それは、ちょうど島原の大門が、東北角から中央の現在の位置に移設される前年にあたります。地元にとっては島原への利便さが格段に増すという大きな慶事であったことから、各揚屋もそれに合せてお膳等の什器備品を新調し、翌年春の祝賀の宴に備えたのだと思われます。


ところで角屋には、江戸後期の献立帳が遺されています。そこには料理内容はもちろんのこと、用いられた膳椀等の食器や床飾りの掛幅までも記録されております。例えば、献立帳の嘉永3年(1850)3月5日の小田原様御振舞では、お膳は季節に合せて、芽吹きの柳蒔絵の「柳蒔絵膳椀揃」が使われています。床の間には与謝蕪村筆「桃源図」が飾られたと書かれています。


一例ですが、このように季節に合せた膳椀などの食器類が整えられたようであります。そこで、季節ごとに、どのような食器が用意されていたか見てみましょう。


まず正月は、「朝日波蒔絵膳」「子日松蒔絵膳」「瑞雲宝尽蒔絵膳」「福寿文字蒔絵膳」。


春は、「梅蒔絵菓子椀」「椿蒔絵菓子椀」「夜桜蒔絵扇形膳」「柳蒔絵膳椀揃」。


夏は、「杜若螺鈿蒔絵丸膳」「桐蒔絵吸物膳椀」「波千鳥蒔絵吸物膳椀」「朝顔螺鈿蒔絵吸物膳椀」「吉野漆絵吸物膳椀」。


秋は、「草花蒔絵吸物膳椀」「月下唐人物螺鈿四方盆」「桔梗漆絵吸物膳椀」「紅葉漆絵椀揃」。


冬については、雪景色など季節がらのものは特に遺っていませんが、無地の「朱漆塗膳椀揃」や「溜塗膳椀揃」を用いたか、季節を問わない「扇散蒔絵椀揃」を使ったかと思われます。


本展は、季節ごとの膳椀や床の掛幅も併せて陳列し、往時の饗宴の様子をしのぶ展示といたしました。

朝顔螺鈿蒔絵吸物膳椀
月下唐人物螺鈿四方盆

「角屋蔵 季節の膳腕展」 出品目録

【膳椀類】

新春

瑞雲宝尽蒔絵膳

 

1基

 

朝日波蒔絵膳

 

1基

 

子日松蒔絵膳

 

1基

 

福寿文字蒔絵膳

 

1基

 

梅蒔絵菓子椀

 

2合

 

椿蒔絵菓子椀

 

2合

 

夜桜蒔絵扇形膳

 

1基

 

柳蒔絵膳椀揃

 

1具

 

杜若螺鈿蒔絵丸膳

 

1枚

 

吉野漆絵椀揃

 

1具

 

吉野漆絵吸物膳椀

 

1具

 

桐蒔絵吸物膳椀

 

1具

 

波千鳥蒔絵吸物膳椀

 

1具

 

朝顔螺鈿蒔絵吸物膳椀

 

1具

 

草花蒔絵吸物膳椀

 

1具

 

桔梗漆絵吸物膳椀

 

1具

 

紅葉漆絵吸物膳椀揃

 

1具

 

月下唐人物螺鈿四方盆

 

1口

 

迎賓用他

鳳凰蒔絵膳椀揃

 

1具

 

扇散蒔絵膳椀揃

 

1具

 

朱漆塗膳椀揃

 

1具

 

溜塗膳椀揃

 

1具

 

 

【書画】

新春

日輪図

横山清輝筆

1幅

(1期)

エビス大黒図

英一蝶筆

1幅

(2期)

双鶴図

松村景文筆

1幅

(3期)

「寿」字五言絶句

馬渡剛毅筆

1幅

(4期)

梅松図

池大雅筆

2幅対

(1期)

武陵桃源図

与謝蕪村筆

1幅

(2期)

春景嵐山図

森寛斎筆

1幅

(3期)

吉野山図

岡本豊彦筆

1幅

(4期)

墨竹図

岸竹堂筆

1幅

(1期)

瀑布図

華風筆

1幅

(2期)

鯉図

狩野岑信・周信筆

2幅対

(3期)

山水図

狩野探幽筆

1幅

(4期)

萩玉川図

英一蝶筆

1幅

(1期)

山水図

田能村竹田筆

1幅

(2期)

菊狛図

円山応挙筆

1幅

(3期)

高雄図

松村景文筆

1幅

(4期)

 

【膳箱 箱書】

「吉野吸物椀膳 弐拾人前 宝暦十三年 菱佐」

 

1箱

 

「柳模様本膳 四十人前之内 明和二乙酉五月」

 

1箱

 

  • ※作品保護のため書画のみ展示替えを行います
    展示替え期間
  • 1期 3月15日(金)〜4月21日(日)
  • 2期 4月23日(火)〜5月19日(日)
  • 3期 5月21日(火)〜6月23日(日)
  • 4期 6月25日(火)〜7月18日(木)

2019年秋季企画展「財団30周年記念 角屋名品展」

会期 9月15日(日)〜12月15日(日)


Copyright (C) 公益財団法人 角屋保存会 All rights reserved. TOP